各種ご祈願

Q&A

救霊、護摩祈願、薬寿神法、九頭龍緊急祈願って、どう違うの…?

救霊

救霊は、霊的な障りを救済することによって、開運を妨げていたマイナスエネルギーが去り、プラスに導く守護霊が動きやすくなり、努力したことが確実に実るようになるのです。ですから、救霊は、開運するためのもっとも基本的なご祈祷だといえるものです。

護摩祈願

神伝密教師による護摩祈願は、具体的なものごとに対する願望成就のご神徳は絶大で、非常に速効性があります。護摩木に願い事を書いた瞬間から、その功徳があらわれ始めます。護摩木さえあれば、誰でもすぐに活用できるのが嬉しいところ。仏界の仏様が動かれるご祈祷ですが、仏界は現実界に近く、細かなものごとでも顕現しやすいため、身近な願い事の場合は護摩祈願が絶対におすすめです。たとえば、大事なものをなくしたときに、護摩木を書いたらすぐに見つかったとか、行方不明だった弟が帰ってきたなど、数々の証が寄せられています。ただし、護摩祈願の場合は、速効性はありますが、あまり持続性がありません。

九頭龍緊急祈願

病気平癒祈願には、何といっても九頭龍緊急祈願にまさるものはありません。特に事故で瀕死の重傷をおった場合や、ガンなど、命にかかわる病気やケガから、九頭龍緊急祈願で救われた人はたくさんいます。九頭龍大神様は、身体の回復力と、精神力・気力・生命力を与えて下さり、救って下さるのです。ただし、瀕死の状態の場合は、まず救霊によって霊的な障りをとりのぞくことが絶対に必要です。

なお、継続性の必要な病気平癒祈願や、身体を根本的に丈夫にするには、深見先生が直接ご祈願をして下さる、九頭龍遠隔法施がおすすめです。

薬寿神法

危機一髪の状態から身体を快復させるパワーは九頭龍大神様がピカイチですが、慢性病については、薬寿神法がおすすめです。九頭龍大神様は、火の気によって速効的に癒して下さいますが、薬寿神法では、水気によってじわじわと癒して下さるのです。また、薬寿師による乙女座神法では、身体だけでなく、御魂にみずみずしい水気を与えていただけます。

詳しくは、全国各エリア本部までご連絡下さい。(⇒全国エリア本部一覧)

トップへもどる