ワールドメイト救急病院とシアヌーク病院

カンボジア第2の都市バッタンバンで、ワールドメイト救急病院を運営

 ワールドメイトでは、2012年3月から、カンボジア第2の都市バッタンバンで、ワールドメイト・エマージェンシー・ホスピタル(ワールドメイト救急病院)という、外科病院の運営を行なっています。スタッフの数は、約300人です。もとは、イタリアのNGOが運営してましたが、ヨーロッパ経済の不況により、運営を放棄して閉院になる所でした。それを救済し、運営を引き継ぎ、内容を拡充させたのです。
 バッタンバンは、人口はカンボジア第2位ですが、高度な医療を受けられる病院が、圧倒的に足りません。だから、この病院の存続は、現地の人に本当に喜ばれ、感謝されてるのです。
 しかも、ここには、カンボジアNo.1の外科医がいます。ですから、医療レベルは、カンボジアNo.1と言われるのです。
 そして、治療費を払えない、貧しい人には無料診療を行なっています。2013年は、約65パーセントが無料診療でした。2015年からは、すべてが無料診療になります。この費用は、ワールドメイト会員の、皆さんの浄財で支えているのです。
 一方、カンボジアの首都プノンペンは、ここ数年で急速に経済が発展し、人々の生活も豊かになってきました。
 ワールドメイトが、プノンペンに24時間無料救急病院(シアヌーク病院)を建設した頃は、本当に貧しく、無料診療の救急病院はここだけでした。今から、18年前の1996年の事です。当時は、ここしかなかったので、遠くから何時間もかけて来院し、治療を受ける人が大勢いました。
 ところが、ここ数年は、プノンペンでのシアヌーク病院のように、貧しい人に無料診療する病院が増えました。政府の通達により、数年前から、公的病院が貧しい患者を無料診療するようになったのです。全体の患者数の、2割ぐらいだそうです。
 我々のシアヌーク病院がモデルとなり、無料診療の病院が増えたのは、復興の証であり、大変素晴らしいことです。これにともない、シアヌーク病院の患者数は、相当数減りました。近くの病院でも、無料で診てくれるからです。
 この事は、大変慶ばしい事です。ですから、喜びをもってシアヌーク病院も、これから求められる高度な医療や、専門化した病院に脱皮する時期が来たのです。

今後は、バッタンバンのワールドメイト救急病院が、医療福祉活動の中心になります。

 思えば、プノンペンで、シアヌーク病院の建設が始まったのは、1994年のことです。2015年で、21周年を迎えました。そこで、21周年を機に、シアヌーク病院の体制が変わりました。
 これまで、ワールドメイトでは、シアヌーク病院の第1病棟、第2病棟、第3病棟を建設し、毎年、コアとなる運営費を拠出してきました。そして、米国のキリスト教系の医療団体ホープが、現地の診療を担い、協力し合ってきたのです。
 しかし、今後は、シアヌーク病院の運営を、ホープに全て委譲します。ワールドメイトも、ある程度の支援は続けますが、運営の第一線からは退くことになりました。
 理由はより貧しく、より困窮してる地域や、人々の救済にワールドメイトの支援を移すためです。つまり、軸足を少しシフトさせるのです。

 カンボジアの地方は、依然として無料救急病院もなく、治療を受けられない貧しい人が大勢います。そこで、これまでワールドメイトの支援は、シアヌーク病院が中心でしたが、今後は、バッタンバンの病院での無料診療や、シアムリアップ(アンコール・ワットのある州)での、新たな医療活動などに多様化します。
 国や地域の実状変化にともない、より困窮する分野や地域を援助するのが、生きた福祉でしょう。そして、より困窮する人の救済に、会員の安定浄財をまず使うことは、会員にとっても最善の事でしょう。
 ワールドメイトの会費収入は、年間約10億円ありますが、この10億円は、そのまま弱者救済のために使われます。それは、カンボジアを含めた、ラオス、アフリカ、中国、イギリス、アメリカ、豪州、日本など、世界に広がります。また、障害者のための世界的福祉にも使われ、スポーツや芸術でも、弱者救済の局面に使われるのです。10年で100億円、20年で200億円になります。会費以外の、通常の皆さんのお玉串で、組織を運営し、文化、芸術、スポーツの振興を進めてるのです。こうして、会員数が増えれば増えるほど、確実に弱者が救われる仕組を作ったのです。

「ワールドメイト・ファウンデーション」と「ハンダ・ファウンデーション」

 ところで、バッタンバンの病院は、当初は「ハンダ・エマージェンシー・ホスピタル(ハンダ救急病院)」という名前でした。その後、正式に「ワールドメイト・エマージェンシー・ホスピタル(ワールドメイト救急病院)」に名称変更しました。
 理由は、当初ハンダ・ファウンデーションという、カンボジアにある組織が、イタリアのNGOから病院を引き継いだからです。
 ハンダ・ファウンデーションは、深見東州先生のご本名の「ハンダ(半田)」がついてますが、設立の発端は深見先生ではありません。
 カンボジアの現地スタッフから、「ドクター・ハンダ(深見先生の本名)の名前は、現地で影響力があり、『ハンダ』とついてると、政府の援助が受けやすい。また、他宗教のグループからも、支援を得やすいので、この名前を使わせてほしい」と、懇願されたのです。
 とは言うものの、ハンダ・ファウンデーションの公益活動の大半は、ワールドメイトの支援によります。深見先生は、ハンダ・ファウンデーションのチェアマンですが、ボードメンバーには入っていません。つまり、お金を動かせない立場なのです。実際に、お金は、全くもらっていません。外為法や税法の観点から見て、余計な疑念を持たれないよう、全てクリーンにしてるのです。
 しかし、海外での活動は、日本とは状況が異なります。そこで、海外ではハンダ・ファウンデーションと、ワールドメイト・ファウンデーションの2つが、福祉活動の母体になってるのです。
 ワールドメイトが直接運営するものや、カンボジア赤十字とのコラボは、ワールドメイト・ファウンデーションが行います。そして、他宗教や他団体とコラボするものは、ハンダ・ファウンデーションが行うのです。他宗教の団体に、ワールドメイト・ファウンデーションに寄付して下さいとは、なかなか言えません。そういう時は、ハンダ・ファウンデーションが窓口や母体となり、普遍的な宗教性に根ざした活動をするのです。

直接に人命を救う……! 医療福祉支援の詳細

 今日も、ワールドメイト救急病院では、皆様の真心あふれる寄付により、たくさんの人命が救われています。
 ワールドメイト救急病院へのご寄付については、以下の口座にて受付させていただいております。

  三菱東京UFJ銀行 三島支店
  普通口座 1003387
  カンボジア寄付
または
ゆうちょ銀行
00140-5-368653
ワールドメイトカンボジア寄付係

 あなたのご協力で、1人でも2人でも多くの方が救われることを願ってやみません。どうぞ、皆様の温かいご支援を賜りたく、お願い申し上げます。
 なお、病院の活動報告は、下記サイトにて、随時掲載して参ります。
 http://www.worldmate-emergency-hospital.jp/index.html


★ワールドメイトが、ゼロから築いた「シアヌーク病院」の活動記録も、以下のサイトに残しておきます。18年間にわたり、多くの人命を救ったシアヌーク病院を舞台とした、救済の歴史はこちらをご覧下さい。(更新は停止しています)
 http://www.worldmate-philanthropy.com/index.html

★シアヌーク病院の運営は、ホープに委譲しましたが、シアヌーク病院が無くなるわけではありません。シアヌーク病院へのご寄付を、ご希望の方は下記リンク先の寄付口座にてお願いします。(2015年4月以降、口座が変更になりましたので、ご注意ください。)
 http://www.worldmate-philanthropy.com/support/

トップへもどる